Part1_lesson1 come & go

come のコアイメージ
「今いる場所から別の場所へ向かっていく」
中学校で習った「来る」ではなく「行く」という意味で、「着く」ことに意識を置いている。つまり、Come to my house.は訳としては「私の家に来て」であるが、イメージとしては「私の家に着くように行って」という感じだろうか。
goのコアイメージ
「今いる場所から別の場所へ離れていく」
これも、前に進んでいくイメージの「行く」ではなく、離れることによって目的に向かって進む感じで、意識は「離れる」部分にあり、少し後ろ向きなイメージ?。
従って、Go away「あっちへ行け」は「ここから離れろ」的な意味合いが含まれているようだ。
Example
I came home from my office at 10:00.
職場を出て家に10時に帰った。  ←向かう先の時刻(到着時刻)
I went home from my office at 10:00.
10時に職場を出て家に帰った。 ←離れる時刻(出発時刻)
Question
❶ I come home at 10:00.
❷ I get home at 10:00.
❸ I go home at 10:00.
この場合の❸は帰っていくイメージ(離れていく)でわかるが、❶と❷の違いは何だ?両方とも「着く」イメージを持っているのだが…
今日はここまで。これは後日への宿題とする。

追 記
英語では相手がある場合は、「相手を中心に考えて話す」というのがポイントらしい。そこで、Goの場合は相手がいない場合に使用し、Comeは相手がいる場合に使用するようだ。
自分が相手のところへ移動する場合は相手を中心に考えてCome(行く・来る)を使い、目的の場所に移動する場合はgo(行く)を使う。
Won’t you come with me? (一緒に行かない?)
Yes, I’m glad to come. (喜んでいくよ)
Can I come, too? (私も行っていい?)
注 記
家の中で、2階から母に呼ばれて I’m going. と返事をすると、「あなたの所へ行く」ではなく「外出します」の意味になるので I’m coming. と言わなければならない。