Part1_lesson1 be gone

goは「今いる場所から別の場所に離れていく」ニュアンスを持っている。これを過去分詞のgoneにすると「別の場所に行ってしまった」というニュアンスになる。
My headache is gone.
頭痛が別の場所に行ってしまった。⇒ 頭痛が収まった。
という訳になるようだ。
つまり、be gone は「なくなる」という意味になるようだ。
He is gone.
He has gone.
どちらも「彼はいなくなった」という意味だが、He is gone. は現在もいないがこれから先も長期間にわたっていないことを表している。つまり、「彼は死んじゃった」と訳すほうが良い。
He has gone. は、彼はどこかほかの場所にいて、またすぐに会えるというニュアンスが含まれている。
つまり、戻ってくる可能性が有るか無いかの違いのようだ。
be gone_何かが消えた、終わった、亡くなった、無くなったを意味する場合
have gone_消えてしまったが、行き先や在り処はわかる場合
以上のことからすると、My headache have gone. だと “とりあえず今は収まってるけどねぇ~” というニュアンスになるのだろうか?